日本で起こる災害について

日本で起こる災害について

被災調査に関する副業をしていると、日本の災害について関心を持る人もいると思います。

そこで日本で起こる災害についてみていきたいと思います。

外国と比べて自然災害が多い日本

日本だけの災害についてみていくと、世界の中で災害が多いのか少ないのか分かりづらいですよね。

日本の国土の面積は全世界のたった0.28%しかありませんが、全世界で起こったマグニチュード6以上のの20.5%が日本で起こり、全世界の活火山の7.0%が日本にあると言われています。

また、全世界で災害で死亡する人の0.3%が日本、全世界の災害で受けた被害金額の約12%が日本のとなっています。

このデータを見るだけでも、いかに日本が世界から見ても災害が多いのかが分かると思います。

2つに分けられる自然災害

1言で自然災害と言っても、その内容は様々ありますが、自然災害は大きく2つに分けることができます。

地象災害

まず1つ目の地象災害は、地球の地上や地下で起こる自然災害のことを指します。

地球内部、つまり地中深くにある大陸プレートの摩擦や歪みによって生じる、地球活動による現象です。

もう少し細かく内容についてみていきましょう。

地震

日本でも何年かに1度は大きな地震にうより、深刻な被害を受けてしまったニュースが流れますよね。

地震の揺れによって、建物の損壊、津波、火災、土砂崩れなどが広範囲に発生する恐れがあり、ライフラインへ大きな被害を与え、地域の生活に大きな影響を及ぼしてしまいます。

津波 洪水

海底での地震や火山活動、山体崩壊に起因する海底や海岸地形の急変により、海洋に生じる大規模な海水の移動のことです。

東北での津波は自然災害の恐ろしさを日本中に知らしめることにありました。

地震が大規模になるほど波の威力も大きくなり、海岸や陸地へ津波が侵入すると、家屋や建物を押し流して損壊し、大きな被害を与えることがあります。

気象災害

気象災害とは、地上より上の空気中(大気)や天候の変化起こる自然災害のことです。

大気中の温度や湿度、気圧の変化によって生じる災害で、大雨や洪水、大雪、強風や竜巻、雷などがあります。

豪雨

局地的で短時間の強い雨、つまり限られた地域に対して短時間に多量の雨が降るこです。

急な強い雨のため河川や水路等が短時間に増水するなど、急激な状況変化により重大な事故を引き起こすことがあります。

暴風

台風などによる強風・暴風による倒木や家屋の損壊、看板や標識が破壊されたり、飛ばされたものが人に当たって怪我をする危険性もありますよね。

また、沿岸部では高波・高潮によって浸水などの水害を受けることも考えられます。

TOPページを見る