万が一災害に遭った時の備え方

万が一災害に遭った時の備え方

フランチャイジーで人のために副業ができると言っても、自分が災害に遭ってしまう可能性も十分考えられます。

そこで災害に遭った時の3つの備え方についてみていきたいと思います。

連絡手段の確認

台風などの予測ができる災害の場合は数日前でも話し合えますが、地震のように突然発生するような災害に備え、連絡方法を決めておく必要があります。

私たちは携帯電話がつながって当たり前の世の中の中で生きているので、繋がらなかった時にどう対応するかを考えておきましょう。

また、自分が被災地域にいない場合でも、おじいちゃん・おばあちゃんや親戚、両親、高齢者がいるなら事前に確認しておく必要があります。

例えば、家族と連絡が取れなくても最終的にその場所に行けば落ち合える場所を決めておくことや、避難場所に行くルールを決めておくと安心です。

あらかじめ事前に準備しておくことで、家族とはぐれてしまうといった不安を解消することができます。

物資の準備

避難に必要なものは、持ち出しやすい場所にまとめておくことが大切です。

もちろんどのような災害で避難するかによって持ち出すものは変わると思いますが、通帳や印鑑、薬などもいざとなったときにすぐ取り出せる場所においておくと安心です。

また、地震などの災害で避難するときに、重たい荷物を持って動くことは現実的ではありませんので、そういったことも考慮しておく必要があります。

災害が来ると聞いてから急いで準備をするのではなく、普段から非常時に備えて準備をしておくことが大切です。

とは言っても、無計画に買い占めてしまうとスーパーから物が消えてしまうといったことが起きてしまいますので、適切なもの適量準備する知識は身につけておきましょう。

避難所の確認

いざ避難をしなければいけない状況になった時、どこに避難をするべきか確認しておく必要があります。

検索エンジンでハザードマップで検索すると、国土交通省のハザードマップポータルサイトが出てくるので、そこでいろいろな場所のハザードマップが確認できます。

中には自治体で印刷されたハザードマップが配布されている地域もあって、逃げる方向まで記載されているものもあります。

また災害の種類によって避難場所が違うこともあるので、災害に応じた正しい情報をあらかじめ確認しておかなければいけません。

もし余裕がある人は事前準備として、ハザードマップを見ながら実際に避難所まで歩いてみると、避難が必要になった時もスムーズに移動できるはずです。

TOPページを見る