人の役に立つことで得られるもの

人の役に立つことで得られるもの

最近人の役に立てたと感じることはあったでしょうか?

フランチャイジーを副業にすることで、人の役に立つことができるというのは人生をより豊かにしてくれます。

そもそも人の役に立つということは?

人の役に立つという表現は、「人がしてほしいと思っていることをしてあげて援助すること」や「人のために動いたり働いたりすること」を意味しています。

つまり人の役に立つというのは、自分がその相手のニーズや要求を満たしてあげるような行動をすることや相手にとって有用な行動・仲介・支援などをするさまを意味している表現です。

人のために行動しても自分だけ満たされているのは単なる自己満足ということになってしまいます。

人の役に立つことで満たされる2つの欲求

本来保険金を受け取れるはずの人に対して力になれることで、主に2つの人間の欲求が満たされると考えれます。

普段生活をしていて、なかなかこういった欲求を満たされる機会も少ないんじゃないしょうか。

そもそも自分に余裕が無い状態で人の役に立ちたいという気持ちを持つことが難しいので、これらの欲求が満たされていると感じている人も少ないかもしれません。

社会的欲求

人間は元々社会的な動物であるため、人とのコミュケーションは必須となっていますよね。

心のどこかで誰しも人とつながりたいという欲求を持ち、他人と接することで社会とのつながりを持つことができます。

そういった他人とのつながりを求める欲求は「社会的欲求」と呼ばれています。

人がどのようにして幸せや喜びを感じるのかを考えれば、人の役に立ちたいという社会的欲求を満たすことが、幸せを感じる近道だとわかりますよね。

ただ漠然と「人の役に立ちたい」と思っている人は多いと思いますが、実際に人の役に立つことで人間が持っている欲求を満たされることに気づくはずです。

承認欲求

承認欲求は人から認められたいという気持ちや、他人から必要とされたいという欲求のことを指します。

承認欲求とはその言葉のとおり、人から承認されれば満たすことができますが、その場合自分も同時に満足している必要があります。

つまり、自己満足を感じることをしつつ、他人から認められることが必要になってきます。

言葉で聞くと難しいように感じますが、人の役に立ちたいという気持ちを持っていれば、自分が満足できるのは難しいことではありません。

自分と他人の両方が満たせれる条件がフランチャイジーには備わっていることがわかります。

TOPページを見る